私たち、作業所ひまわりのある大正区を紹介します

大正区は、大阪市を構成する24行政区の一つで、区全体が運河に囲まれた島状の地形となっています。大正初期以来沖縄県からの移住者が多かった地域で、沖縄料理や沖縄食材を扱う店が多く、「リトル沖縄」とも呼ばれています。現在、大正区で沖縄の雰囲気が最も色濃いのが平尾本通商店街、通称「サンクス平尾」で、南国風の音楽が流れ、店先にはシーサー、精肉店では豚足が並び、沖縄民謡をライブで聴かせる店や、揚げたてのサーターアンダギーを売る出店も。周辺には沖縄出身者が多く住み、琉球舞踊のけいこ場や三味線教室、琉球空手の道場なども多く見られます。

現在も続く沖縄県出身者のコミュニティ形成の主因となっているのは、昭和初期からゼネラルモーターズの自動車工場や、中山製鋼所の製鉄所や日立造船などの造船所も作られ、近郊農村も、阪神工業地帯の重工業集積地に姿を変えたことにより、大工場に働き口を求めて沖縄県から移住者が多く集まったことです。大正区への移住者が本格的に増えるのは第1次大戦後で、沖縄では深刻な不況下で食料に事欠き、ソテツの実や幹まで口にしたため「ソテツ地獄」と呼ばれた苦しい時期だったそうです。しかし、本土との文化や風習の違いに悩む人も多かったそうで、就職では不当な差別があり、借家でも「琉球人お断り」といった貼り紙が当たり前だったので、自然と沖縄出身者は大正区内の何カ所かに集まり、助け合うようになりました。そうした沖縄出身者は、子や孫たちまで含めると、約7万人の区民の4分の1程度を占め、沖縄県北中城村の人口に匹敵します。

 

 

大正区の沖縄文化を色濃く伝えるのが毎年開かれているエイサー祭りです。特に2019年のエイサー祭りには、沖縄の声を全国の人々に届けるトークキャラバンのために訪れていた玉城デニー沖縄県知事も参加し、会場でクリーデンス・クリアウォーター・リバイバルの「雨を見たかい Have You Ever Seen the Rain?」とボブ・ディランの「All Along the Watchtower」、ベン・E・キングの「スタンド・バイ・ミー」をギターの弾き語りで披露しました。

大正区のもう一つの特徴としては、河川や運河などの水路に囲まれた地域であるため、公営渡船が数多く運航されている。港湾局による木津川渡以外は大阪市建設局による運航であるため、歩行者および自転車専用で、運賃は無料です。

大正区の観光スポットのリンクを貼っておくので、よかったら見てください。

https://www.jalan.net/kankou/cit_271080000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ストレス解消法

次の記事

生野猪飼野コリアタウン