生駒山(パート2)

ところで、役行者(役小角)ですが、飛鳥時代(舒明天皇6年(634年)伝 ~大宝元年6月7日(701年7月16日)伝)の呪術者で、役優婆塞といった呼び名でも広く知られています。姓は君。日本独自の山岳信仰である修験道の開祖とされています。 実在の人物ですが、伝えられる人物像は後世の伝説によるところが大きいと言われています。前鬼と後鬼を弟子にしたといわれ、天河大弁財天社や大峯山龍泉寺など多くの修験道の霊場に、役行者を開祖としていたり、修行の地としたという伝承があります。
そんな役行者(役小角)の生涯を見てみましょう。
舒明天皇6年(634年)に大和国葛城上郡茅原郷(茅原村)(のち掖上村茅原、現在の奈良県御所市茅原)に生まれ、父は、出雲から入り婿した大角、母は白専女(刀良女とも呼ばれた)です。 生誕の地とされる場所には、吉祥草寺が建立されています。17歳の時に元興寺で孔雀明王の呪法を学んだと伝わえられ、その後、葛城山(葛木山。現在の金剛山・大和葛城山)で山岳修行を行い、熊野や大峰(大峯)の山々で修行を重ね、吉野の金峯山で金剛蔵王大権現を感得し、修験道の基礎を築きました。20代の頃、藤原鎌足の病気を治癒させたという伝説があるなど、呪術に優れ、神仏調和を唱えました。また、高弟にのちに国家の医療・呪禁を司る典薬寮の長官である典薬頭に任ぜられた韓国広足(韓國 廣足)がいます。
文武天皇3年(699年)5月24日に、人々を言葉で惑わしていると讒言され、役小角は伊豆島に流罪となります。人々は、小角が鬼神を使役して水を汲み薪を採らせていると噂しました。命令に従わないときには呪で鬼神を縛ったと言われています。
この時の史料として「続日本紀」巻第一文武天皇三年五月丁丑条の記述があります。

丁丑。役君小角流于伊豆島。初小角住於葛木山。以咒術稱。外從五位下韓國連廣足師焉。後害其能。讒以妖惑。故配遠處。世相傳云。小角能役使鬼神。汲水採薪。若不用命。即以咒縛之。
(大意)文武天皇3年5月24日、役君小角を伊豆大島に配流した。そもそも、小角は葛城山に住み、呪術で称賛されていた。のちに外従五位下の韓国連広足が師と仰いでいたほどであった。ところがその後、ある人が彼の能力を妬み、妖惑のかどで讒言した。それゆえ、彼を遠方に配流したのである。世間は相伝えて、「小角は鬼神を使役することができ、水を汲ませたり、薪を採らせたりした。もし鬼神が彼の命令に従わなければ、彼らを呪縛した」という。

2年後の大宝元年(701年)1月に大赦があり、茅原に帰りますが、同年6月7日に箕面山瀧安寺の奥の院にあたる天上ヶ岳にて入寂したと伝えられています。享年68。山頂には廟が建てられています。
そんな役行者(役小角)と生駒山との関わりですが、古くは役行者による鬼退治の伝説で知られ、伝承によれば斉明天皇元年(655年)に役行者が開いたとされる修験道場で、空海(弘法大師)も修行したと伝えられています。山腹には現世信仰で知られる宝山寺を中心として、滝の修行場や祠など大小さまざまな宗教団体の施設が設けられ、宗教法人として届けられていないものも多くその総数は把握されていません。神社に関しては、奈良県側の山麓に生駒山の神を祀る往馬坐伊古麻都比古神社(往馬大社)が、大阪府側の山麓に「いしきりさん」で親しまれる石切劔箭神社や元春日とよばれる枚岡神社等があります。いわゆる霊山としてとらえる人もいるほどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

生駒山(パート1)

次の記事

生駒山(パート3)