京都の住所

♪まるたけえびすに おしおいけ
あねさんろっかく たこにしき
しあやぶったか まつまんごじょう
せったちゃらちゃら うおのたな
ろくじょうさんてつ とおりすぎ
ひっちょうこえれば はっくじょう
じゅうじょうとうじで とどめさす♪
これは数え唄ですが、これがわかる人はかなりの京都通です。
今回は、大阪を離れてお隣さんの京都のお話です。
先ほどの数え唄を漢字に変換すると、
♪丸竹夷二 押御池
姉三六角 蛸錦
四綾仏高 松万五条
雪駄ちゃらちゃら 魚の棚
六条三哲 通りすぎ
七条越えれば 八九条
十条東寺で とどめさす♪
つまり、
まる・・・・・・・・・・・・丸太町通
たけ・・・・・・・・・・・・竹屋町通
えびす・・・・・・・・・・・夷川通
に・・・・・・・・・・・・・二条通
おし・・・・・・・・・・・・押小路通
おいけ・・・・・・・・・・・御池通
あね・・・・・・・・・・・・姉小路通
さん・・・・・・・・・・・・三条通
ろっかく・・・・・・・・・・六角通
たこ・・・・・・・・・・・・蛸薬師通
にしき・・・・・・・・・・・錦小路通
し・・・・・・・・・・・・・四条通
あや・・・・・・・・・・・・綾小路通
ぶっ・・・・・・・・・・・・仏光寺通
たか・・・・・・・・・・・・高辻通
まつ・・・・・・・・・・・・松原通
まん・・・・・・・・・・・・万寿寺通
ごじょう・・・・・・・・・・五条通
せった・・・・・・・・・・・雪駄屋町通(現、楊梅通)
ちゃらちゃら・・・・・・・・鍵屋町通(現、的場通)
うおのたな・・・・・・・・・魚の棚通(現、六条通)
ろくじょう・・・・・・・・・六条通
さんてつ(とおりすぎ)・・・三哲通(現、塩小路通)
ひっちょう(こえれば)・・・七条通
はっ・・・・・・・・・・・・八条通
くじょう・・・・・・・・・・九条通
じゅうじょう・・・・・・・・十条通
とうじ(でとどめさす)・・・東寺
で、京都の東西の通りを表しています。ちなみに、南北の通りの数え唄もあるのですが、長くなるので省略します。この京都の通りの名前を覚えておくと、日本一長いと言われている京都市内の住所が理解できます。例えば京都市役所の住所は「京都市中京区寺町通御池上ル上本能寺前町488番地」となっていますが、京都の市街地の地名は「上ル」や「下ル」、「西入ル」、「東入ル」といった特殊な地名の表記があって京都以外の人からはちょっと意味が分からないと言われる事があります。ご存じのように京都市街地は南北に走る通り、東西に走る通りが無数に交差し、碁盤の目状に作られています。これを条坊制(じょうぼうせい)といい、原型は、鳴くよ(794年)ウグイス平安京の時代に区画整理されました。
町名と番地だけでは、Googleは位置を特定できても、人間は目的地に辿りつけません。その理由は主に二つ
・京都には、小さい町が無数にあり、京都人に町名を聞いても知らないことが多い。
・さらに、同じ町名が重複してやたらと存在する。例えば、亀屋町は中京区内に5箇所存在する。他にも区内に同じ町名が複数存在する町名が30以上!
ということがあります。従って、町名と番地だけ聞いてもピンと来ない場合がほとんどで、タクシーの運転手に市役所の住所「上本能寺前町488番地 に行って」と言っても「はぁ?」と聞き返されるのがオチです。こうしたややこしい住所は京都府京都市中京区に顕著で、この理由としては京都市は全国の政令指定都市で唯一住居表示を実施していないことがあげられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

大阪カレー王国

次の記事

せんべろ