TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)

2020年1月18日に、私たち「ひまわり」のある大正区の北端、尻無川沿いの川に囲まれ、水門に守られ、水辺に近い暮らしがある水辺空間に「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」という複合商業施設がオープンしました。今回はその「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」をご紹介したいと思います。
プロジェクトの名前の由来は、大正区のまちづくりを引っ張っていくタグボート(引き舟)の役割を担っているということだそうです。「つくるが交わる」というコンセプトのもとオープンした本施設は、「ワークショップ」「スクール」「フード」「音楽」「ホテル」といったコンテンツを用意し地域の活性化を図っています。
1月18日には先行施設として、船上レストラン、ベーカリー カフェ、マーケット型コンテナカフェ、フードホール、飲食テナントの計16店舗のフードをメインにしたエリアがオープンしました。その後、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンまでの定期船の運航、シェアアトリエ、川辺に浮かぶ日本初のホテル『Water Hotel PAN AND CIRCUS』もオープンしました。
エントランスには3店舗あり、国産食材の美味しさにこだわった弁当屋『THE MARKET BENTO』、イタリア産を揃えた船上レストラン『PEZZERIA DA DOTS』、ベーカリーカフェ『MONDIAL KAFFEE 328 TUGBOAT』が出店しています。『THE MARKET BENTO』では、毎日変わるおかずの中から、メイン2種、サイド2種、サラダ、玄米or白米をチョイスでき、毎週土曜日にコンテナで食材の生産者に会えるPOP UPイベントも開催されています。『PEZZERIA DA DOTS』では、本格的なマルゲリータや、イタリアビール『ペロー二』を始め、ワインやシャンパンも楽しめ、店内ではサラミのスライスが行われていて、その香りが食欲をそそられます。
エントランスの奥に進むと『新カモメ食堂街』というフードホールで飲食が自由に可能なエリアが登場。さらに奥にはライブスペースが設置してあり、フードホール全体に伝わるような構造になっていて、ここには10店舗の飲食店が並んでいます。大阪初の世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」のある堺市で、西海岸カリフォルニアにあるアメリカンダイナーをイメージして第1号店をオープンし、バンズを毎日自社で手作りしている『SEAGULL DINER』、お好みの加減で焼ける、焼き鶏、鶏料理をメインに、期間限定メニューや他店とのコラボメニューなどの限定メニューも随時更新し、焼肉のように自分で焼鳥をするスタイルの『あやバカ一代。』、フライドポテトを”主役”としたクラフトポテト専門店『POTALU』、旬の国産フルーツにとことんこだわった「フルーツ」×「サワー」の化学反応が楽しめ、アートをより身近に感じてもらえるコラボ企画を実施してアーティストの作品の展示・販売も行っているサワー専門店の『THE MARKET Sour Lab.』、堀江のビール醸造所直営で、管理の行き届いたビールサーバーで定番から季節の限定品まで、幅広いラインナップのクラフトビールが楽しめるクラフトビール専門店『Beer stand MARCA』、神戸でミシュランビブグルマン受賞のラーメン店で、50種類のスパイスを駆使した担担麺をベースに大正店限定の、焼き飛魚煮干しを使用したあっさりの中にも塩のコクと上品なだしスープが特長の「ジャパニーズだしヌードル」もある担担麺専門店『KOBE ENISHI』、市場直送の食材を天ぷらで提供する『イチバノチカラ』、お出しとワインの店の『アトリエスタ食堂』、道頓堀と梅田で大人気のたこ焼きの『くれおーる』、本格的な韓国料理が絶品の韓国立ち呑『笑酔人(エヨウド)』などが連ねています。
担担麺専門店『KOBE ENISHI』の方によると、「京セラドーム大阪が近いということもあり、イベント終わりなどにぜひ立ち寄ってもらいたいとのことで、限定の「ジャパニーズだしヌードル」は胃に染みる極太平打ち麺になっています」と呼びかけています。
新カモメ食堂街の上の2階には3店舗があり、ボートハウスをイメージしたバー『SUNSET2117』、スナックの『大正いやんばかん』、沖縄料理の『沖縄酒場きじむなーの森』が並び1階のお店に比べてより大正のディープな雰囲気が堪能できます。
河川敷地に建築物をつくるのは、思いのほかハードルが多かったそうで、大きな課題は河川敷地の耐荷重で、荷重は1t/m2未満に限られていることから、鉄筋コンクリート造や鉄骨造ではなく木造でごくシンプルな“大きな器”をつくって、さらに建物を杭で支えるような仕組みを検討したところが、地面の掘削工事を始めると、以前の建物の痕跡である明治時代の旧護岸などの地中障害が見つかり、杭が打てない箇所も出てきたため、設計のやり直しとなり工期が大幅に遅れてしまいましたが、目玉コンテンツである船上レストランは、そのようなハードルを解決した格好になり、レストランは台の部分は船、上物は建築という状態になり、議論の挙句、船舶として認可を取ることになって、船舶としては近畿運輸局から、建築としては一般財団法人日本建築センターから評価されたそうです。
レストランは室内から川面に向かっての眺めがよく、同時に船が接岸しているような特徴的な外観を生み出すという、好結果をもたらしています。ちなみに河川敷地は大阪府の所有であり、大正区が事業協定に則って「TUGBOAT TAISHO(タグボート大正)」の事業者であるRETOWNに転貸しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

自販機東西比較

次の記事

高島屋東別館